2019年6月

新潟県で震度6強・山形県で震度6弱

6月18日(火)22時22分頃、新潟県で最大震度6強を観測する地震がありました。

新潟県村上市で震度6強の揺れを観測した地震は19日、山形、新潟両県で延べ9232戸に上った停電が全戸で復旧した。総務省消防庁によると、けが人は山形、新潟、宮城、石川各県で計26人に上り、800人以上が避難。発令されていた避難指示は全て解除された。

新潟県・山形県などを襲った今回の地震の震源は、北海道沖から新潟県佐渡島沖にまたがるプレート境界付近のひずみが集中する一帯だ。これまでもしばしば大きな地震を引き起こしてきた。

 

 

【世界初】自然災害による被災建物棟数の「リアルタイム被害予測ウェブサイト」を開設

災害時の建物被害、予測するサイト開設

国立大学法人横浜国立大学(学長:長谷部 勇一)、MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(代表取締役社長:金杉 恭三)およびエーオンベンフィールドジャパン株式会社(代表取締役社長:谷水 克哉)は、自然災害発生時の被災建物予測棟数を市区町村毎にリアルタイムで公開する世界初のウェブサイト「cmap.dev(シーマップ)」を開設しました。

※あいおいニッセイ同和損保は、2018 年度に発生した損害保険史上例を見ない大規模
自然災害の多発を受け、被災地域および被災程度をどこよりも早く把握する方法を
確立するため、過去の支払保険金のデータ分析を実施しました。※

https://cmap.dev こちらから