平成29年7月九州北部豪雨災害

5日から6日にかけて福岡、大分などの九州北部を記録的な豪雨が襲い、土砂崩れや増水などにより多くの集落の孤立、また複数の死者・行方不明者を出すなど大きな被害となっています。

現在も救助活動は続いていますが、今後も大雨が続く可能性もあるとのことで、引き続き安心は出来ない状況です。