M&Aで事業継承をする

M&Aとは、一般には合併や買収といった経営権の移転を伴う取引のことをいいます。
後継者不在の場合には、このM&Aを活用し経営権取得に関心のある第三者に対して、現経営者の持つ株式を譲渡することで経営を継続させることが可能となります。

M&Aでの事業承継/メリット・デメリット

  • 事業の後継者に適任なものがいない場合でも、会社を存続させることができること。
    M&Aを利用して事業承継することで、後継者不在を理由に廃業しなくてすみ、従業員の雇用を確保し、取引先との取引を持続することもできます。
  • 後継者教育が必要でないこと 。
    M&Aを利用して企業買収する側の企業は、マネジメント体制が確立しているケースが多く、経営に関するノウハウを教育する必要がなく、 業務の引継を中心に行うことですみ、事業承継に要する時間は親族への承継や役員・従業員への承継に比べて短くてすむことが多いです。
  • 資金調達の必要性がないこと
    M&Aによる事業承継の場合、事業を継承する側は第三者であるケースがほとんどで、株式や事業を譲渡すれば事業承継は完了します。
    譲渡に係る税金も取得した現金から支払えばよいことから、 資金調達の必要がありません。
  • M&Aをすることで現経営者はハッピーリタイアメントすることができること。
    事業規模が大きく財務体質が健全な会社や、優れた技術・ノウハウを有している会社など買収企業にとって魅力のある会社であれば、 現経営者は売却代金によってハッピーリタイアメントを送ることができます。

後継者問題(事業承継)を考える