親族に事業継承する

中小企業の経営者は高齢化が進んでおり、後継者の問題に不安を抱えているケースが非常に多くなっています。
十分な事業承継対策をしていなかったために、相続問題などにより会社の業績が悪化してしまったケースも存在します。
親族内承継とは、現経営者の子息、妻、娘婿、兄弟姉妹等の親族に対して事業を承継させることを言います。
創業経営者が、一代で築いた会社を子供に継がせたいと考えることはごく自然なことであり、また、従業員や取引先など内外の関係者にとっても親の会社を子供がひき継ぐというのは自然なことと納得できるものであるため、もっとも多く選択されている方法です。

親族内承継/メリット・デメリット

親族内承継のメリットにはどんなことがあるのか?
  • 従業員や取引先などから心情的にも理解を得られやすい。
    従業員や取引先などの関係者にとって経営者の事業承継は重要な関心事でありますが、子息が事業を継ぐのはごく一般的なことで、 これまでと変わらない待遇や付き合いを継続することができるという期待もあって、心情的理解を受け入れられやすく、同意を得やすい事業承継の方法です。
  • 現経営者が満足出来る事業承継方法。
    一般に、創業者は、自身が築き上げてきた企業に対して特別の愛着を持っており、自分と血のつながりのある人に事業を承継したいという思いを持っています。 自分の親族に事業を承継させることで、満足感を得ることができます。
  • 経営理念を後継者に対して承継することができる。
    経営理念を親族の後継者に対して承継することで、経営者が創業したときから大事にしてきた理念を後継経営者に承継することができます。
  • 事業承継の時期・期間等を柔軟にできること
    親族内で事業承継する場合、そのことをする時期や期間を現経営者が会社の現状等によって柔軟に判断することができます。
    事業承継をスムーズに行うため、後継者を早期に決定し、準備の時間も確保することも柔軟に出来ます。
親族内承継のデメリットとしては、
  • 後継者の候補である親族に事業を承継し経営する思いが少ないこと。
  • 相続人が複数いる場合には、後継者の決定や経営権の集中が難しいこと。

後継者問題(事業承継)を考える