東京海上代理店が利用したメールサービスから、顧客情報5400件流出!

東京海上日動火災保険は21日、代理店/東海日動パートナーズで5400件の顧客情報が流出したと発表した。

保険加入者の銀行口座や健康状態に関する情報も含まれていた。同社のメールアカウントが海外から不正アクセスを受けたのが原因とみられる。

流失した個人の情報は個人・企業の氏名、住所、電話番号、生年月日、証券番号等の一部の内容が漏えいしたと報道されています。