経営者の知っ得情報

後継者不足による廃業にならないための対策方法を考える!

本の企業の多くの経営者が現在後継者不足に頭を抱えてします。
実際、後継者がいないことにより会社が廃業に追い込まれるなどのケースも非常に増加しているようです。
今後ますます経営者の高齢化が加速しますから、この流れは更に加速しそうです。
そこで今回は後継者不足による廃業にならないための対策について解説させて頂きます。

後継者不足による廃業は非常にリスクがある

日本に存在する企業の9割以上が中小企業です。
そして地方にはしっかりと利益を出している中小企業が非常に多く存在しています。
今、このような中小企業がまさに廃業のリスクを秘めています。
利益が出ている企業はその地方や国家にとっても非常に重要な存在です。
そのような企業が軒並み後継者不足による廃業をおこなった場合、日本の生産力はかなり落ち込むことが予想できます。
これは大げさな話ではなく、実際に起こりうる話です。
つまり、利益が出ている企業が廃業してしまうことは国家の一大事なのです。
そしてこの一大事を招いている多くの要因が後継者不足です。

なぜ後継者がいないのか?

そもそも後継者不足はなぜ起きてしまうのでしょうか?
後継者を任命する主な方法は3つあります。
1つ目は、経営者の子供に継がせることです。
2代目社長、3代目社長といったイメージで、日本には家族経営の中小企業が非常に多いですから、この方法が最も一般的です。
経営者の子供が継ぐことは、社内外からの理解も得やすく比較的大きなハードルなく継がせることができます。
2つ目は、社内から任命する場合です。
これは、経営者の子供が継がない場合に次に有効な手段だと言えます。
すでに会社を熟知した人物が継ぐことで、代表者交代により会社の経営が傾くリスクは非常に少ないとも言えるでしょう。
3つ目は、社外から連れてくる場合です。
中小企業にはあまりないことですが、他社ですでに実績のある人物に会社を任せる方法です。社内外の納得を得ることが通常よりも難しい場合や、会社をよく理解しないまま経営の舵をきってしまい会社の経営が傾くリスクがあります。
しかし、その一方でこれがキッカケで会社が生まれ変わり、業績をぐんぐん伸ばし始めるケースもあります。
後継者を任命する方法は主にこれら3つとなります。
これ以外の方法になると、事業売却や廃業という選択肢になりやすいため今回は割愛をさせていただきます。
つまり、後継者がいない会社はこれらの3つの手段がどれもできていないという事になります。
3つの社外からヘッドハンティングを行う場合は、家族経営の中小企業が多い中では難しい選択肢になっていることは理解できます。
しかし、残り2つの方法はなぜ実行することができないのでしょうか?
このように書くと、「やってるよ!」という声が届いてきそうですが、ここではよく起きてしまうボタンの掛け違えを紹介させていただきます。

続きを読む

リスクの多様化で倒産急増中! 危ない企業の見分け方とは?

中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性があります。
事業を運営していくには多種多様なリスクが待ちぶせており、急速な技術進歩や事業の国際化、事業展開の速度や環境問題による社会規制など、リスクも複雑化している状況であることを認識しておく必要があります。
リスクの1つとして取引先が倒産してしまうという事態があります。この場合どのような対処をすべきかを検討しておく必要があるでしょう。

危ない企業の見分け方とは?
取引先の与信管理は重要ですが、信用度の確認には決算書の分析を行うことが一般的です。しかしデータ調査会社の信用調査や決算書だけで判断するのは不安ですので、数値や評点にあらわれていない兆候を読み取る必要があります。
取引先の業況を把握できるのは営業担当者や事務担当者ですので、危険だと感じる兆候はないかを確認・報告させるようにすると良いでしょう。

ここが危ない!?企業の確認ポイントとは?
・社員の態度や社内の雰囲気が悪い、もしくは悪くなった
・空いているデスクが多いなど雑然とした雰囲気や無造作に放置された在庫がある
・解雇者や退職者が増え、役員や経理担当など重要人物が退職した
・代表者や幹部の動きに不審さがある
・未回収の売掛金が増えた
・手形取引など条件の変更の申し入れがあった
・出入り業者や取引金融機関などが変わった

続きを読む

会社の経営コスト削減はどのように行うべきかを徹底解説

PLを見る習慣をつけましょう

会社の経費削減するためには、そもそもその数字を見る習慣をつけましょう。
経営者の方でも売り上げと利益はだいたいわかっていても、販管費の内訳は意外と把握できていないケースがあります。
おそらく細かい部分は部長などに管理職に任しているのだと思いますが、それでも定期的なチェックは必要です。
人件費や広告費、地代などは販管費の中でも大きな割合を占めがちですから、まずはそこからチェックするようにしましょう。
例えば、人件費が削減できるかどうかを考えるには生産性を計算して見るといいでしょう。
要するに、従業員一人一人がどれほど利益に貢献できているかを把握できれば、人件費が適正かは把握することができます。
また、給料の3倍稼げとよく言われますが、従業員一人当たりの生産性(稼ぐ利益額)が給料の3倍以下の場合は、会社として利益が出にくい状況だからです。

実際は、それぞれの企業に原価率や広告費率・人件費率などがあると思いますので、その目標値に対して現状がどのような比率になっているのかを確認することも効果的でしょう。

コストパーオーダーの把握はできていますか?

また、中小企業に多いのは広告宣伝費が異常に高いケースです。
要するに、広告宣伝費が経費を圧迫していることがよくあるのです。
このような状況が起きてしまうのは、おそらく広告というものを扱ったことが少なく、外注先に任せっきりになってしまっているからです。
広告を外注化することは決して悪くありません。
しかし、効果測定だけはしっかり行わなければなりません。
CPOという言葉をきいたことがあるでしょうか?
これはコストパーオーダーの略称で、問い合わせまたは受注1件あたりの獲得コストを意味します。
すべての商品やサービスには原価が存在します。そして売り上げから原価を引いたものが粗利です。
この粗利よりもCPOは常に小さくなくてはいけません。
ちなみに原価には、単なる商品の原価と、実際それを販売するために毎回発生する人件費なども考慮した原価があります。

このように経費の削減を行うにはまず数字を見る習慣をつけなければなりません。決算書とにらめっこして何か疑問に思うことがあれば、片っ端から潰していきましょう。

経営コスト削減

キャッシュフロー経営の重要性を徹底解説

キャッシュフロー計算書はなぜ注目されるのか?

損益計算書や貸借対照表はあるけど、キャッシュフロー計算書は活用していないという企業が意外と多いようです。
おそらくこの記事を読んでいる方も、活用してないという方がいるのではないでしょうか?
元々欧米では比較的昔から重要視されてきたものなのですが、日本ではつい最近になって重要視されるようになりました。
おそらくその背景には、日本独特の理由があるかもしれません。
日本はご存知ように島国で、欧米諸国と違い日本というマーケットで遠い昔より商売を行ってきました。

その影響もあってか、日本は世界的にみても同族経営企業が多い傾向にあります。創業100年を超える企業も非常に多く存在しています。
つまり、極端に言ってしまえば、他者に干渉されずにビジネスが行える環境がずっと続いていたということです。
厳密にはわかりませんが、日本人は比較的売上に意識を持ちがちです。
つまり、損益計算書を最も重要視してこれまでビジネスを行ってきたのです。

ちなみにここで言う他社の一例は海外投資家です。海外投資家は日本の投資家に比べ経営に口出しをする傾向があります。
これは決して悪いことではなく、日本の投資家と違いがあると言うことです。
現在ではインフラが整い、益々国境という概念がなくなってきています。
海外にいながら日本の会社と仕事するなんてことも普通です。
このような中で、現在では多くの日本企業が海外投資家の投資先として考えられるようになりました。

先ほど触れたように、日本人は損益計算書を重要視しますが、海外投資家は株式資本を使ってどれだけ企業が利益を生み出したかなどを重要視します。
つまり、いくらのお金が何に使われてどれだけ利益を生み出したかなどのお金の流れが見えることを求めます。
この時にキャッシュフロー計算書が役立つというわけです。

* 不況がキャッシュフローの重要性を増している!

* キャッシュフロー経営のメリットとは?

弁護士費用保険 コモンBiz 【経営に弁護士という戦略を】

中小企業・個人事業主に突然降りかかる法的トラブル・・・・・

「弁護士保険コモンBiz」は中小企業に突然降り掛かる法的トラブルの発生を防ぎ、いざというときに会社と従業員を守るための保険です。

 

エール少額短期保険は中小企業や個人事業主向けに、法的トラブルが発生した際の弁護士費用などを補償する専用保険の取り扱いを始めた。

 

自社が訴訟を起こしたり、訴えられたりした場合に対応。

役員が痴漢冤罪(えんざい)などのトラブルに巻き込まれた際に、その場で弁護士に電話できるサービスも提供する。

法律に関する知識が少ない個人事業主を保険で支援する。

ユーチューブで「弁護士保険コモンBiz」の説明を

資料請求はこちら

 

 

社内規定や就業規則変更の際は不利益変更に注意しよう!

社内規定・就業規則の不利益変更とは?
社会や市場の変化に伴い、社内規定や就業規則の見直しを行う場合があるかと思います。その際に注意しなければならないことが、不利益変更です。
不利益変更とは、言葉の通り、その変更によって変更前の状態よりも従業員にとって不利益となるような変更のことです。
例えば、賃金の値下げや残業代の見直し、退職金の改定、その他各種手当などの変更などを行う際には不利益変更とならないよう注意が必要です。
万が一、注意を払うことなく変更してしまった場合、従業員との大きなトラブルを招く可能性が必要でしょう。
実際、不利益変更が原因で裁判になり、企業側が負けてしまうという事例が起きています。

【リスクの眼鏡】で確認 →

 

 

 

今からでも遅くない!クレーム対策に取り組みましょう!

会社の信用はたった一夜にして落ちる可能性がある。

売上規模や会社規模が大きくなればなるほど、クレームが発生する回数も増加するものです。規模が大きくなるということは、顧客数や取引先が増えることですから当たり前の流れだとも言えます。
だからこそ、クレームをできる限り発生しないようにするクレーム対策や実際に発生してしまった際のクレーム対応手段などの整備を前もって行っていなければなりません。
特に、現代社会でこのクレーム対応は企業経営において大きな役割を担っていると言ってもいいでしょう。

中小企業向け経営リスク情報 ここクリック【リスクの眼鏡】

中小企業経営者に学んでほしい役員退職金の事!

役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従業員とは異なり、税務上・法務上の制約がいくつか存在します。これを知らずに役員退職金を支払うことは非常にリスクを伴います。しかし、多くの経営者様はこの事実を正確に把握できていない傾向があるようで、特に中小企業経営者様になると日頃の業務が多忙を極めている場合が多いため、取締役などの退職が決まって初めて役員退職金を意識し始める場合も少なくありません。
本記事から、後々に問題とならないよう、役員退職金について正しく知識をつけていただき、正しい支給ができるようになって頂ければ幸いです。

【リスクの眼鏡】・・・;経営者のリスク情報や知っとく情報が満載です。

中小企業経営者に学んでほしい役員退職金の事

経営者にとって最低限必要なお金の知識

会社には、実に多くのお金が巡る。「利益を出すこと」が大きな目的であるから、このことは当然だろう。

経営者は会社が現在どのような状況にあり、今後どのような事態が予測されるのか、このことを「お金」を軸として把握する必要がある。

続きを読む