社内規定や就業規則変更の際は不利益変更に注意しよう!

社内規定・就業規則の不利益変更とは?
社会や市場の変化に伴い、社内規定や就業規則の見直しを行う場合があるかと思います。その際に注意しなければならないことが、不利益変更です。
不利益変更とは、言葉の通り、その変更によって変更前の状態よりも従業員にとって不利益となるような変更のことです。
例えば、賃金の値下げや残業代の見直し、退職金の改定、その他各種手当などの変更などを行う際には不利益変更とならないよう注意が必要です。
万が一、注意を払うことなく変更してしまった場合、従業員との大きなトラブルを招く可能性が必要でしょう。
実際、不利益変更が原因で裁判になり、企業側が負けてしまうという事例が起きています。

【リスクの眼鏡】で確認 →