キャッシュフロー経営の重要性を徹底解説

キャッシュフロー計算書はなぜ注目されるのか?

損益計算書や貸借対照表はあるけど、キャッシュフロー計算書は活用していないという企業が意外と多いようです。
おそらくこの記事を読んでいる方も、活用してないという方がいるのではないでしょうか?
元々欧米では比較的昔から重要視されてきたものなのですが、日本ではつい最近になって重要視されるようになりました。
おそらくその背景には、日本独特の理由があるかもしれません。
日本はご存知ように島国で、欧米諸国と違い日本というマーケットで遠い昔より商売を行ってきました。

その影響もあってか、日本は世界的にみても同族経営企業が多い傾向にあります。創業100年を超える企業も非常に多く存在しています。
つまり、極端に言ってしまえば、他者に干渉されずにビジネスが行える環境がずっと続いていたということです。
厳密にはわかりませんが、日本人は比較的売上に意識を持ちがちです。
つまり、損益計算書を最も重要視してこれまでビジネスを行ってきたのです。

ちなみにここで言う他社の一例は海外投資家です。海外投資家は日本の投資家に比べ経営に口出しをする傾向があります。
これは決して悪いことではなく、日本の投資家と違いがあると言うことです。
現在ではインフラが整い、益々国境という概念がなくなってきています。
海外にいながら日本の会社と仕事するなんてことも普通です。
このような中で、現在では多くの日本企業が海外投資家の投資先として考えられるようになりました。

先ほど触れたように、日本人は損益計算書を重要視しますが、海外投資家は株式資本を使ってどれだけ企業が利益を生み出したかなどを重要視します。
つまり、いくらのお金が何に使われてどれだけ利益を生み出したかなどのお金の流れが見えることを求めます。
この時にキャッシュフロー計算書が役立つというわけです。

* 不況がキャッシュフローの重要性を増している!

* キャッシュフロー経営のメリットとは?