経営者の保険の選び方

経営者が万一の場合に、企業にとって損失となるリスクとして、どういった資金が必用になると考えられるでしょうか?
運転資金/借入金返済資金/退職金/事業承継資金等の資金確保として活用できるのが経営者保険です。

経営者がどんな状況になってしまった時に保険が活用できるかを考える。

  • お亡くなりになった場合
  • 重大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中等)に罹患した場合
  • 重度の身体障がい状態になった場合
  • 重度な介護状態になった場合
  • 病気・ケガで長期入院を余儀なくされた場合

保険の期間をいつまでにする必要があるかを考える。

  • 短期間(5年・10年・65歳等)・・・借入金返済期間にしたり/退職時期にしたり/コストを下げる為短期間にしたり等
  • 長期間(100歳・終身)・・・退職時期が確定していない/退職金財源確保/退任後も個人契約に変更して長期間の補償が欲しい等

経営者保険の税務効果(経費率)がどうなのかを考える。

経営者保険を検討するときに必ず知っておかなければいけないのは、商品によって損金にできる割合が違うということです。

  • 経営者保険は、保険料の税務処理が「全額損金」「1/2損金」「1/3損金」のよう保険商品・保険期間により異なります。
    経営者保険を節税対策として活用するケースも増えています。
    経営者保険に加入すると保険料を経費(損金)に計上することができます、そのため保険料分が控除でき節税が出来ますが解約して返戻金を受け取るときには課税されてしまいます。

経営者保険の解約返戻率を考える。

  • 経営者保険には解約時に返戻金がお支払いされるケースがあります。
    保険商品・保険期間・解約時期により大きく異なってきます。
  • 保険商品・保険期間・解約時期による解約返戻率シュミレーションをしっかりと確認をして退職金財源・事業運転資金等での活用できるように検討しましょう。

経営者の保険